読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

ポテンシャルの高さ

 

10代、20代の人と話すと ポテンシャルの高さにびっくりすることがある。

すごくいいものを持っているけど 上手に表現できないはがゆさ。

賢いし素直だから そのコツを伝えるだけですぐに効果がでる。

ただ、もしかしたら 幼い頃からいろんな場所で

「みんな同じ」「並んで」「出る杭はうたれる」

「お前変だぞ」といわれて 小さい頃に傷ついてかさぶたが残っっているの

かもしれない。私がそうだったからよくわかる。

 

ずっと「自分ってかわってる・なんかへん」を隠して生きてきたから。

広い世界に出て 初めて自分は自分でいいんだとわかって そこを理解してくれる

安心安全な場所があって初めて人は堂々とできる。

 

子供は砂場で遊んで転んでかさぶたができても「痛かったね。よしよし

でも大丈夫だよ」と親に言われて元気が出て また遊びに行く。

いつからかな?その古傷のかさぶたさえも忘れてしまうのは・・

 

小さな記憶がそうさせる。

もう傷つきたくないから自分を隠しながら生きる。

 

誰か一人でも「君は変じゃないよ。おかしくなんてないよ。大丈夫だよ」と味方してくれたらもっと強くなれるのにね。それがそのひとをそのまま認めるということ。

そんな場所がたくさんあったら100万馬力

以前 知り合いの映画監督さんが「世の中で活躍している人はみんな変人だからね」

といってくれてほっとした。

 

そっか こんな有名な人でも変人なんだ。

そうじゃなくちゃ面白いもの作れないよね。

 

大人の役割って「君は大丈夫。素晴らしいよ」ってダイヤモンドの原石を

つぶさず磨くことだと思う。

本当に今の10代20代の可能性と質の高さにびっくりする。

素敵な出会いに感謝です.