読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

記憶のパズルをかけあわせて

 

ラインの誤作動をきっかけに 何十年ぶりに航空会社時代の友人とお茶をすることに・・

同じ会社ではないけど 航空会社のパーティで出会った彼女。

10数年ぶりの再会。

お互い 年賀状のやり取りはあったものの ほとんど近況もしらない。

ただ 十数年ぶりにあう彼女の笑顔は全く変わらず まるで最近

お茶をしたかのようなそんな笑顔でした。

 

私の近況を聴いた彼女からこんな一言が。

出会ったころ あなたに言われてずっと覚えていた言葉があるの。

そういってくれた彼女。

「私がコンプレックスを話した時 それを気にして一歩踏み出すのをあきらめちゃダメ。堂々と自信もって生きてって言ってくれたの覚えている?

今の活動や人との接し方を見るとあの頃から何も変わってなくて安心した(笑)」

 

私が彼女に伝えた言葉はきっと 自分へのメッセージ。国籍・学歴・収入・生い立ち

人はいろいろ比較したい生き物だけど 皆尊い存在なのだから

強く生きてっていう意味。そんなころから自分の信念があったのだとふと気が付く。

 

そしてお互いのあの頃の話をするうちに 私があの頃親しかった友人に

よく連れていってもらったお店の話題に。

ぼろぼろでほったて小屋のような居酒屋さんだけど まだ営業してることが判明。

「あの頃 〇〇さんも一緒にいたよね。今頃元気かな?」

紹介したことさえ覚えていない友人の名前が出て お互いの記憶をたどる。

まるでパズルのピースを掛け合わせるように・・

 

そのうれしさって なんて表現すればいいのだろう。

誰も知らないようなマイナーな曲や趣味を共有できた秘密の感覚。

 

どちらからともなく「今度あの店に行ってみようよ」

彼女との関係はきっとこれからも細く長く続くのだと確信した。