徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

世界は慈愛とやさしさであふれている

 

あなたの観る世界は何があふれていますか?

 

「幸せを感じる力が強い人」「また会いたいと思う人」の共通点は 

「小さな幸せを数えられる人。」

「自分や相手のないより あるに目を向けられる人」

「私もOK,あなたもOKをだせる人。」

「慈愛に満ちた人」

もちろんまだまだありますが・・私の周りに共通している人はこのようです。

 

いろいろシェアをして気が付いたことは

私は基本的に人が好きなのだと思います。

自分が何気にしたことや発した一言がその人の一日のかけらでも幸せに感じることに

幸せを感じるのです。

 

人は「自分を大事に感じたいし、人にも大事に扱われたい」生き物です。

自己重要感を満たすために人は いろいろなことをします。

ただ 世の中は自分の事で精一杯で 人に関心がありません。

そんな中 人の自己重要感を満たせたらまた会いたい人になります。

それはスキルではなく 心からの行動かどうかすぐにわかります。

 

コンビニに行くと 夜はほとんど外国人のアルバイトさんがレジをしています。

だいたい、どこの人か ありがとうってなんていうのか英語で聴きます。

そして ありがとうという言葉を母国語で教えてもらったらその言葉でありがとうを伝えます。そんな時 すごくうれしそうな顔をされます。

 

なぜ私がそれをするかというと 異国の地で 誰も知らなくて生きる大変さを

経験から知ってるからかもしれません。話しかけたくても言葉がわからず、

少ないボキャブラリーの中で必死で理解して自分で考えてパズルのピースのように会話をつなげる事。

 

私の場合は 好きでした留学ですが もしかしたら目の前のコンビニの

お兄さんは出稼ぎや仕事で日本にきている外国の人かもしれません。

そんなことを考えながら感じながら 「この何気ない会話がこの人の

今日にハッピーになりますように」という思いでいるのです。

 

結局 そう感じることが自分の心を穏やかにしてくれるのです。

世界はあなたが優しいと感じたら あなたの観る世界は優しい。

あなたが慈愛に満ちて世界を見たら あなたの観る世界は慈愛に満ちている。

今年は感じたままにあふれる思いを伝えていこうと思います。