読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

何事も経験してわかるということ

感じたこと

 

20歳の時  それこそ箸が転んでも楽しい年ごろ。毎日が自分中心に回っていて

なんでもできると思っていたあの時代。

 

30歳の人にこういわれた。

「君たちはいいね。大人になるとすごく悲しいこともなくなるけど

すごく楽しいこともなくなるんだよ」 

「ふーん、そんな日が来るのかな?今すごく楽しいのに」

その時 教えてくれた意味は若くて分からなかったけど印象に残った言葉だった。

あれから30歳になった。

もっといえば 年齢はもっと過ぎた。

でもその人が言ったような すごく悲しいことは 今もあるし傷つくし

怖いし、へこむ。

その反面、すごく楽しいことワクワクすること、感動することも 案外ある。

それは もちろん 「初めての経験や体験」はぐっと減るし先は見通せるようになるし

だいたいの答えはわかってしまう。それでもまだまだ人生は長いし知らない場所、新しい出会いは 求めれば死ぬほどある。

 

30歳を過ぎてその人の言う通り

「大人」の定義が「あまり感動も悲しむも感じないこと」だったとしたら

それはその人の経験であって私ではない。

 

つまり どんな人に何を言われても あくまでも

その人の経験談であって いいも悪いも自分で経験して感じて判断するのが

一番しっくりくるんじゃないかな?と思ったりする。

自分の知らないことを知っていたり 経験している人は 年齢や肩書ではなく

「知らないことを経験した人」なのだ。そういう話を聞いて自分が何か感じて

同じように経験をして 初めて腑に落ちるのかもしれない。

 

「偉人の言葉」や誰かの話した「いい言葉」を聞いて「これいいですね。営業に使います」という人がいるけど それを相手に伝えても響かないと思う。だって言葉尻だけ

とらえて本人の腑に落ちてないから。それも経験だしまずやってみること。

 

自分にとって 恥ずかしい過去や失敗談が 経験したということで

案外 誰かの役にたったり 今から壁を乗り越えようとする人の

勇気になったりするものなのだから。