読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

自由を選択するということ

 

大人になると いつの間にか役割やしがらみや 経験値からの損得、優先順位でものを考えるようになる。

いつからか それも洗脳さえていることにもきがつかないくらい 自然に・・

 

子供の頃は「やりたい」「あいたい」「のぼってみたい」「しりたい」

感情という本能が優先。だから毎日がキラキラして楽しい。

感情をいつの間にか 置いてきぼりにしたわたしは 最近「感じる」にシフトしているのだけど これが楽しいけど 苦しい。自由には覚悟と責任が伴う。

純粋に やりたいこと、しりたいこと、会いたい人、好奇心のままに動くことは

まともな常識を持つもう一人の自分が制止するというせめぎあい。

 

それをジャッジしているのも自分なのだけど・・。

生きていくって孤独。生き抜くって孤独。ただ 孤独を知っているからこそ 生まれる優しさや思いやりがあるから歳を重ねることや経験を積むことは決して悪くない。

 

底をしるからこそ あがっていく楽しみや喜びも知っている。

いくつになってもぶれるし迷うし 悩むのだけど その経験や自己開示が

誰かの勇気になるのなら いくらでも伝えようと思う。