読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

小さな手に にぎりしめたもの

 

 

幼いころに 握りしめた手のひらにある決意は

とっても意外なものだった。

それを知ったとき 愕然とした自分と 母と自分との関係や

今娘との関係、周りの人間関係に大きく影響していることに気が付いた。

 

それがいいとか悪いとかではなく そうだったのだと腑に落ちた感覚。

「今までの時間を返してほしい」とかわめくとか 騒ぐでもなく

そういう感情を何十年間も置き去りにして 感じないようにしてきた

自分をただただなぐさめ、ハグしたくなった。

 

そっか、そんな小さいころに 大人になるって決めたんだ。

与え続けることで母の愛に報おうと思ったんだね。

役割がある自分は愛される。役割がない自分には価値がない。

もう誰かのために生きる人生は終わりにしましょう。

 

さて自分のためにいきる、といっても2歳から人のために生きてくるのが喜びだと信じていたとしたら「自分の心からしたいことは何?ほしいものはなに?」と聞かれてもわからない。

今はぽっかり穴が開いたむなしさだけがある。

なにもしなくていい。ただ突っ立ているだけでいい感じを味わおう。

今は さみしいといえず ずっと置き去りにしてきた幼い小さな自分を

ただただ、癒してあげよう。

 

そして私が 安心で安全だと思う人たちとまず 自分の感じている気持ちを

共有させてもらおう。何も与えなくてもいいし、

感情を出しても危なくないよ。怖くないよっていう場所にまずは行きたい。