読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに 

日常に感じたことを徒然なるままに書いてます

違っているのが当たり前。

 

世代の違う友人と話すことが増えてきた。

職種の違う友人ができた。

育った環境が違う友人ができた。

平成生まれの友人もたくさんできた。

戦争体験をしている友人もいる。

 

いろいろ世代が違う人と話すと沢山の発見がある。

私がもう悩まないようなことで悩んでいる。

私がもう感動しないようなことで感動している。

私が悩んでいることを乗り越えている。

みんなちがってみんないい。

その人のワクワクを共有したり夢を共有したり 悩みを共有したり

知らないことを教えてもらったり。

目の前の人との心地よい会話は 綺麗な色同士をまぜた絵の具のよう。

白と青をまぜたら水色。

白と赤をまぜたらピンク。

いろんな色が混ざったらマーブルのように。

 

そう考えると

やはり 出会った人の生きた軌跡を聴いたり

内側で考えていることを共有する瞬間が好きです。

 

そこにはもちろん ありったけのリスペクトを込めて。